ガラス交換
断熱・UVカットフロントガラス
飛び石キズ修理(ガラスリペアー)
ボディコーティング
撥水加工
オートガード
 

ガラス系被膜が硬く透明に形成し、ボディを守る!


「撥水性」とは水をはじく性質のこと。コーティング剤の性能は大きく「親水性」「撥水性」に分類されます。くるまのガラス「タカハシオートグラス」のボディコーティングは、長年の研究と独自の技術により、基本的には親水性であるガラス系被膜に高いレベルの撥水性を実現した新しいボディ用コーティング剤を使用しています。他のワックスやポリマーコートなどと違う点は硬質ガラス状被膜による超耐久性と、驚異的な撥水力が全く異なる点です。反応型ガラス系被膜であり、塗膜に薄くのっているだけの樹脂系被膜とは耐久性が異なります。反応後は硬質ガラス状被膜となり5年に渡り塗装面を保護します。
驚異的な撥水性能も長時間(使用状況により1〜2年程度)持続しします。
他のガラス系コーティング剤では味わえない爽快な水はじきは、雨の日のドライブさえも楽しみにさせてくれます。
 
ボディコーティング
LinkIcon

今までにない撥水性能。

撥水性とは水をはじく性質のこと。コーティング剤の性能は大きく「親水性」「撥水性」に分類されます。ボディコーティングは、長年の研究と独自の技術による、基本的には親水性であるガラス系被膜に高いレベルの撥水性を実現した新しいボディ用コーティング剤です。他のガラス系コーティング剤では味わえない爽快な水はじきは、雨の日のドライブさえも楽しみにさせてくれます。
 

普段の手入れは水洗いだけ。

ボディコーティングの反応型被膜は温度変化に強く、高温になっても軟化しません。従来のコーティング剤は高温になったときに被膜が軟らかくなり、汚れが被膜の中に入り込み、洗車では汚れが落ちにくくなります。これが雨シミの大きな原因です。タカハシグラスのボディコーティングは高温になっても被膜は硬いままなの
で、汚れが固着しにくく、水洗いだけで汚れが簡単に落ちるのです。 
 

息をのむ深いツヤ。

ボディコーティングの深いツヤには2つの理由があります。1つはプロによる丁寧な下地作り。もう1つはスボディコーティングの特徴である反応型ガラス系被膜。ボディコーティングの正体である反応型ガラス系被膜は、厚く、硬く透明な被膜を形成します。この透明な被膜のおかげで、樹脂系コーティング剤ではなし得ない、ボディの内側から輝き出すような、深いツヤが得られるのです。
 

ガラス系被膜イメージ図

高機能ガラスエンジェルガード99
メールでお問い合わせ
LinkIcon
お電話でお問い合わせ
HOME | ボディコーティング